カナディアンソーラー

カナディアン・ソーラーは名前が記すようにカナダはオンタリオで2001年に産声をあげた新興企業。

その後2006年にはNASDAQに上場を果たすなど急成長してきた企業です。現在は世界30カ国に販売網を広げるグローバル企業です。

日本には2009年に進出しています。

ホームページはこちら

 

カナディアンソーラーの特長

太陽光電池モジュールの長期的安定的な発電をうたっています。太陽光パネルは年々劣化して発電効率が悪くなりますが、これはどのメーカーも同じです。そのためカナディアンソーラーでは25年の長期出力保証を特長としています。その他、パワーコンディショナーなどの付属機器について10年の保証を行っています。

モジュール以外は日本製を採用しています。太陽光発電システムの構成として、モジュール以外に日本製のメーカーを使用するメリットとしては、安全性や安定供給、コスト圧縮を狙っているものと思われます。

モジュールの強度も強みのひとつです。なにしろ生まれはカナダ。積雪の多い地域で生まれたこの太陽光メーカーは頑強さがひとつの売りになっています。JIS規格の2倍以上の耐久性を誇る品質が特長です。

 

その他

カナディアンソーラー取扱店には、法令順守、メーカー特長、施工方法、メンテナンスなどの教育研修を受けることが義務付けられています。安心して販売施工するための教育機関として研修施設を設け、世界中で一定の品質を保った太陽光発電システムが供給できる体制が整っています。

 

 





Comments are closed.